今は昔―町民が、他の芋より甘い芋を種芋に、自然の成り行きにまかせながら育て代々受け継いできた甘くて美味しい芋がありました。お芋を焼くととってもやわらかく、蜜がしみ出てくることから皆は「蜜芋」と呼んでおりました。時は流れて今、広く皆様に味わっていただけるようになりました事、ひとしおの感慨がございます。
現在、早雲蜜芋の育つ畑は岡山県井原市の山奥、小高い丘の上にあります。
太陽が東から昇ろうとも、西へ沈もうとも、影にならない丘の上。
芋たちは周囲の自然に身を任せ、のびのびと育ちます。

収穫期など人手が必要な時期以外、
広大な芋畑をたった一人で世話しています。
蜜芋職人・森兼 一樹、その人。
お芋たちを一心に思う蜜芋職人の姿勢に応える様に
しっかりつるを伸ばし、みっちり葉を広げます。
土の中で、ぷっくりもっくり太るといよいよ収穫の時期。
皆さまのお手元へすぐにでもお届けしたいのですが、ちょっと一息、
美味しさの為の熟成期間が必要なのです。
芋畑写真 むろ(室)室とは一般的に、ものを保存、または育成のために外気を防ぐよう作った部屋のことです。早雲蜜芋本舗のむろは岩盤を削って作った天然の貯蔵庫です。畑で収穫した芋はこのむろで熟成させ甘味を引き出します。
丘の上の一角に、何やら古代の神殿の様な建物が…
いえ、ここは芋たちを熟成させる天然の室。
年中、温度や湿度を一定に保ちながら、お芋の甘さを引き出します。
自然の産物は、自然の中で蓄えられる。
とっても自然な成り行きです。
バー
早雲蜜芋とは?   お召し上がり方   密芋職人   スイーツレシピ   丘の上の芋畑

早雲蜜芋とは?

 

お召し上がり方

 

蜜芋職人

 

丘の上の芋畑

 

スイーツレシピ